LOOK 795 2016 モデルの整備ご依頼をいただきました。

こんにちは。
ハイランダーのだいすけさんです。

寒さがます日々ですがみなさまいかがお過ごしでしょうか?
ロードレースシーズンも終わりバイクメンテナンスのシーズンに入ってきましたね。

今回はLOOK 795 2016年モデルの整備をご依頼いただきました。
先進的な形をしたバイクをいち早く世に送り出しているフランスの老舗メーカーさんのバイクです。

今回ご依頼いただきましたバイクも他メーカーでは見受けられないトップチューブからステムまで一直線に伸びる独創的な形状をしています。
また、整備するにあたり特殊な工具や整備方法が必要となり、細かな整備がしにくくブラックボックス的な要素が多々あります。

スライドショーには JavaScript が必要です。

普段だいたいこれぐらい、かな?という感覚を頼りに手で触った感覚や響く音で部品の交換時期を見極めます。
今回はBBのベアリングは大丈夫でしたが、BBを保持する役割をするブッシュのような部品が摩耗し異音が発生していましたのでこちらの部品を交換させていただきました。分解図を確認しながら一つずつ進めていきます。
チェーンステー部も傷が多く見られましたので、チェーンステーガードをアルミ板を切り作成いたしました。

スライドショーには JavaScript が必要です。

ヘッド周りや細かなところを分解し整備を進めていきます。
チェーンも新しいものと摩耗したものではかなり痛んでいることが見受けられますね、だいたい走行距離が6000kmから7000kmくらいでこんな感じになります。

そのほかの整備一覧をまとめてみました。

・各部洗車と洗浄を行いました。
→細かい傷を磨いておきました。
・ヘッド周りのオーバーホールを行いました。
→サビなどなく良好な状態かと思います、またヘッドを分解するのにワイヤーをバラす必要がありワイヤーリングを見直しています、ちょっとしたワイヤーの引っかかりなどは軽減されているとは思いますが構造上どうしてもワイヤーリングが(後ろ)がヘッドまわりの動きを制限してしまっています。

・ワイヤーの交換も必要に応じて行わさせていただきました。
・BBのオーバーホール
→分解してベアリングのグリスアップと摩耗していたブッシュ部の部品を交換いたしました、またBB部の傷を補修してチェーンガードを作成いたしました。
・プーリー部のグリスアップ
→プーリー自体の摩耗も大丈夫でまだまだ大丈夫です。
・チェーンの交換と変速の調整を行いました。
・リアホイールのフリーボディ部のグリスアップを行いました。
・各部増し締めを行いました。
・バッテリーとジャンクションAを新品に交換いたしました。
・サイクルコンピュータ取り付けネジが飛び出し引っかかりが出ていたので少し短くしました。

細かな整備もお時間かかりますが、お任せいただきましたらしっかり仕上げさせていただきます。
是非、自転車OHは自転車工房ハイランダーにおまかせくださいね。

最後までご覧くださりありがとうございます。

Follow me!